【新型コロナ感染拡大防止で臨時休校】子ども達へ食材無償提供 支援の輪が広がる
2020.03.12 17:42 2020.03.12 18:55暮らし

休校になった子ども達の居場所へお弁当を届ける活動を

新型コロナウイルスの感染拡大防止策のため、日本政府が2月27日に発表した小・中学校、高校の臨時休校の要請を受けて、子ども達の給食や食料確保に追われている学童保育園や子供の居場所施設。
そこへ、子供たちへ弁当を作り、無償提供している方の活動を取材しました。

「当たり前の事をしているからいいよー」とシャイなこの方は、普天間にあるBARパイレーツスタジオのマスターさん。(本人の要望により名前は伏せておきますね)
27日の臨時休校を受けて、週明け月曜日からご自身でお弁当を作り、無償提供を始めました。
提供場所は普天間やまがっこう。地域の子供は地域で育てる!を目指し子供の居場所として貢献している施設です。
初日は、お弁当10個を届け「身の丈にあった量です。簡単なものしか作れませんが、頑張ります!」と控えめなマスターです。


3月4日は、カレーライスを作り子ども達も大喜びです。


ソフト麺を使ったパスタ。ソーセージ入り!子供が好きそうですね!!こりゃ喜ぶ。


カツ丼。間違いない!
この日は、お仕事がお休みだったマスターの奥様も手伝い、一緒に作ったそうです。

この支援活動をしていたマスターさんがSNSで配信すると、広がる支援の輪

日々、こども弁当の無償提供している活動をSNSで配信しているマスター。
コメントも多く、活動に賛同する方が増えてイイネ!の数も増え続けます。
情報を配信し続けることで、更なる支援の輪が広がります。


こども弁当に協賛を頂いている「那覇ミート」さまより、マスターのもとへたくさんのお肉の提供です。
暖かい気持ちが連鎖していき、支え合う素晴らしさを感じます。。。


さらにさらに・・・!
地域の愛に触れる出来事が!
「野菜屋さん観覧車」さまよりきゃべつ9個入りの提供がありました。
「少しずつ地域の皆さんの気持ちが広まってきて嬉しい」とマスターも喜びのコメントです。

そして、さらにさらに・・・!


SNSで配信し続けることで、宜野湾市内の居酒屋さんなど、続々とマスターの元へ食材や商品券が届きます。
マスターの地域愛が、皆さんの心を大きく動かしていますね。

「僕が子供のときは、お腹が空いた環境に置かれて苦労したこともある。」と語るマスター。
そんなマスターに質問をしてみました。

Q.その当時、地域の方に助けられた事はありますか?
A.「なかったなー」と。。。

Q.今回の活動をやってみてどうでしたか?
A.とりあえず寝不足だね。(笑)
でも、苦境の時こそ人助け。そうすると自分自身もポジティブになれるよ。
これが今回学んだ事かな。

と、明るく話してくださいました。

日頃は、BARパイレーツスタジオで、餃子をメインに提供しています。
ぜひ普天間にお立ち寄りの際は、心優しいマスターのところへ癒やしの一杯を飲みに行ってはいかがでしょうか?

宜野湾市内の小・中学校の臨時休校は13日までとし、16日からは通常登校へ戻ることが宜野湾市の発表で決定しました。
日本全土が緊急事態に陥る現在。地域の力と、支え合う力量が確認できた出来事ですね。
それにしても、新型コロナウイルスの拡大被害も早く沈静して欲しいと願うばかりです。
マスクに手洗いうがい。不要な外出など、感染拡大防止の行動を引き続きやっていきましょう。

BAR パイレーツスタジオ
宜野湾市普天間2−15−23(302号室)
営業時間19:00〜0:00
定休日:月・火・水曜日
80年代90年代の曲を聞き、餃子をつまみながら今日の自分にご褒美を・・・。

About -この記事を書いた人-

Nacky
Nacky
宜野湾市の魅力をしっかり発信します!市内のイベントや美味しいもの。面白い人など、ご紹介します!
Nackyが書いた記事一覧
Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

近々のイベント