菅官房長官に翁長知事が面会 骨太方針に沖縄振興反映を要望 辺野古移設問題は議題にならず
2016.05.09 21:54 2016.05.09 21:54ニュース: 政治

沖縄県の翁長雄志知事は9日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、政府が取りまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に沖縄振興策を明記するよう要請した。

引用先URL: http://www.sankei.com/politics/news/160509/plt1605090017-n1.html

具体的には、国家戦略としての沖縄振興策の推進▽沖縄科学技術大学院大を中核とする研究機関の集積と企業誘致の推進▽国際医療拠点整備など昨年3月に返還された西普天間住宅地区(同県宜野湾市)跡地利用の具体化▽沖縄の子供の貧困対策-の4点。

菅氏は「力を合わせて頑張っていきたい」と応じた。会談には宜野湾市の佐喜真淳市長も同席した。

宜野湾ドットLIFE
Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント