宜野湾市長、普天間の早期返還を知事に要請
2016.07.12 17:39 2016.08.01 10:40ニュース: 政治

宜野湾市の佐喜真市長が12日に翁長知事と面談し、政府と県の対立で普天間基地の固定化が懸念されるとして一日も早い閉鎖・返還を実現するよう要請しました。

引用先URL: http://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E5%AE%9C%E9%87%8E%E6%B9%BE%E5%B8%82%E9%95%B7%E3%80%80%E6%99%AE%E5%A4%A9%E9%96%93%E3%81%AE%E6%97%A9%E6%9C%9F%E8%BF%94%E9%82%84%E3%82%92%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E3%81%AB%E8%A6%81%E8%AB%8B/

引用先:RBC

「普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還に向け、県政の最重要課題として取り組み、目に見える形で前進させていただくよう強く要請します」(佐喜真宜野湾市長)

県庁で翁長知事と面談した宜野湾市の佐喜真市長は、危険性除去と負担軽減が普天間基地の返還合意の原点だと指摘したうえで、移設先をめぐる政府と県の対立で固定化が懸念されるとして閉鎖・返還に向け全力で取り組むよう要請しました。

翁長知事は「県議選や参院選で県外移設が大きな民意となるなか、辺野古移設の進ちょくにかかわらず5年以内の運用停止を実現するよう政府に力強く訴えていきたい」と述べました。
「民意というのは確かに大変重要だと思いますけども普天間の固定化は絶対にあってはならないということを共通認識しないと」「普天間の返還が出来ないとか固定化は言語道断であると」(佐喜真市長)

佐喜真市長は13日に上京し、菅官房長官らにも同様の要請を行う予定です。

宜野湾ドットLIFE
Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント