普天間やまがっこう開所
2016.08.04 11:08 2016.08.04 11:08ニュース: ローカルニュース

【宜野湾】放課後の子どもたちの居場所をつくる「普天間やまがっこう」が6月、宜野湾市新城で宜野湾市新城に開所した。市内で子どもの居場所づくりに取り組む団体としての施設開所は、市が把握する中で初めて。當山洋子代表(45)は「下校から親が帰るまでの空白の時間を埋めたい。親が心にゆとりを持って子どもに接することができるようにしてほしい」と語っている。

引用先URL: https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-327889.html

長く企業に勤めていた當山さんは昨年の退職を機に、子どもの貧困対策に関心を抱くようになった。「初めて『貧困児童』の存在を知り、衝撃を受けた」と振り返る。保育士・幼稚園教諭の資格を生かして居場所づくりに取り組むことを決めた。

商売を営む知人から店舗の上階を借り、6月1日、「やまがっこう」を開所した。連日、子どもたち約15人が訪れ、読み聞かせやヨガ指導などを無償でしてくれる支援者も現れた。

宜野湾ドットLIFE
Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント