第31回宜野湾市民福祉まつりが開催されました
2019.11.05 11:23 2019.11.05 11:23ニュース: ローカルニュース

今年で第31回を数える宜野湾市民福祉まつり

去った2019年11月2日(土)に普天間中学校で開催されました。

〜出会い・知り合い・ふれあう場づくり〜がテーマ

地域が助け合い、交流を通じて地域活性化を目指す目的とし宜野湾市福祉祭り実行委員会が主催。
福祉に携わる事業所で作る「ふれあいバザーコーナー」では小物販売や飲食のブースが並び、「交流体験・展示コーナー」では、心肺蘇生法や割り箸鉄炮作り、ハーバリウム作成体験など、見て触れて体験するブースが設置され、体育館内の「ステージコーナー」では各サークル団体や自治会・老人会の歌や踊り、学生達によるダンスパフォーマンスなどを披露しました。

冒頭の多和田眞光実行委員長の挨拶では、「出会い・知り合い・ふれあう場づくり」をテーマに、地域との交流と福祉に関心を持って欲しい、大いに出会いや人の優しさに触れ合い、楽しんで欲しいと述べました。

今回は宜野湾市が推奨活動している「まちでニッコリ(*^_^*)あいさつ・声かけ運動(まちニコ運動)」の認定式もコラボ開催されました。

まちニコ運動とは

市民ひとり一人が、地域や近隣同士あいさつや気持ちのよい声かけを交わすことで親交を深め、人と人の輪がつながり、地域社会を明るくするための運動です。

まちニコ運動に参加している市内関係団体企業は105団体。
当日の祭り会場で代表して4団体に認定証を交付しました。

外では、飲食や展示などが出店しており、ポップコーンや綿あめ、焼きそばなどが振舞われ、また手作り小物販売も大盛況で大勢の人で賑わっていました。
体験コーナーのフリースロー対決や輪投げ大会も行い、今回まちニコ運動の代表で認定証を受け取った宜野湾ガスのブースでは、家電展示と共にビンゴ大会などで盛り上がり子供達も大はしゃぎでした。

関連キーワード:

Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント