宜野湾市立多目的運動場ついに完成!
2020.02.03 16:19 2020.02.03 16:19ニュース: ローカルニュース

屋内運動場がついに完成しました!

宜野湾市立多目的運動場が27日に完成し、落成式典が行われました。
式典には市内関係者や横浜DeNAベイスターズ関係者ら約140名が参加しました。

式典では、まず最初にテープカットセレモニーが行われました。

横浜DeNAベイスターズの岡村信悟球団社長は「優勝を目指すための格好の環境を整えていただいた。しっかりと準備をして皆さまの期待に応えられるよう尽力したい。去年は2位だったので、今年はリーグ優勝、日本一をめざして頑張ります!」とあいさつしました。

大山ファミリー3選手が緊張しながら見事な投球!

市内の少年野球チーム大山ファミリーの3選手が始球式を行いました。
横浜DeNAベイスターズの沖縄出身嶺井博希選手、石田建大選手、宮崎敏郎選手がバッターボックスに入り、市長の「プレイボール!」の声で投球しました。

新設された多目的運動場は室内練習場の隣に整備され、打撃、守備を同時に練習できるスペースが確保されました。
建築面積はなんと4151.32平米!フットサルコート2面使用できる広さです。

 式典で石田選手は「本当に素晴らしい施設で驚いている。今シーズン、リーグ優勝と日本一になれるよう、立派な施設を存分に使用して秋には良い報告ができるようにしたい」と話しました。嶺井選手は「思っていたよりも広く、すごくいい環境で練習ができることがうれしい」と喜んでいる様子でした。

2月1日から、いよいよキャンプイン!!!
今年はリーグ優勝!そして日本一をめざしてちばりよーDeNAベイスターズ!!!

関連キーワード:

Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント