震災を教訓にした各業界の対策
2016.03.11 17:15 2016.03.11 17:15ニュース: 暮らし

東日本大震災の発生から11日で5年を迎える。全国的にも防災意識が高まる中、沖縄県内では電力・ガス、観光業界、IT企業などが防災・減災の取り組みを進めている。震災を教訓にした各業界の対策を紹介する。

引用先URL: https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=158027

宜野湾市字宇地泊のワイズバンク株式会社では、防災意識を高めるため、災害時に子どもたちの避難先情報を保護者の携帯電話に一斉送信する防災情報サービス「園児ココ」や個人の防災意識が高まるきっかけをサポートするサービス「避難ドコ」を展開している。

各サービスのサイト
保育園と幼稚園の防災アプリ【避難ココ】

避難ドコ

関連キーワード:

宜野湾ドットLIFE
Facebookで
宜野湾ドットライフフォローする!
★情報掲載依頼はこちらから

同じカテゴリのニュース

近々のイベント