介香 -kaika-

中村真弓さん

2021.10.06

介護士×アロマで幸せを広げる

中村真弓さん(38)東京都出身。公益社団法人宜野湾青年会議所所属。介護士の傍ら、doTERRAジャパン、エッシェンシャルオイル販売。
自身が重度のアトピーの症状で苦悩した20代、沖縄の高温多湿の気候と温かい人たちの出会いでストレスが軽減し症状が回復したことから7年前に移住を決心。アトピー症状を克服するためいろんな薬や食品を模索する日々の中、母親からのすすめでdoTERRAのエッセンシャルオイルに出会う。体調やメンタルの劇的変化に自身も驚き、同じ悩みや精神的な部分にも効果がある事をたくさんの方に知ってほしいと家庭にdoTERRAのエッセンシャルオイルを取り入れる方法を伝えている。

やっと出会えた自然療法

−− アロマとの出会いとは?

やっと出会えた自然療法

自分自身がアトピーで悩んでいた20代の東京に住んでいた頃は、皮膚もずるむけで全身から汁が出るほどでした。風が当たるだけでも激痛だし、見た目もすごく痛々しい・・・。

正直、女性の若い楽しい時代が台無しだよ・・と絶望すら感じていました。

ステロイドなど薬に頼りっきりの人生は辛かったし薬に頼らない方法を模索しました。何十種類といろいろなモノを試し、藁をもすがる思いで、「自然療法で治していくエッセンシャルオイル」というものを母が勧めてくれたのが最初の出会いです。

そのアロマは自然の植物からできているため、匂いだけではなく直接肌に塗ることもできるなど、色々な角度から使用することができるんです。
メンタルを安定させストレスを軽減し、体の内面からもケアしていくという今まで体験したことのないセルフケアの方法に目からウロコが落ちる思いでした。
それから、毎日からだや気持ちの状態に合わせたセルフケアにエッセンシャルオイルを使い続けています。
使うと急に治るというわけではありませんが、気持ちの安定が続くといろんな部分が落ち着いてくる、「心の健康」が一番大事だと思います。
沖縄に移住して来て7年経ちますが、優しい人の多い沖縄でストレスのない環境も後押しして、アトピー症状はずいぶん落ち着きました。

- AD -

−− アロマの魅力とは?

自然植物成分100%だからこそ

doTERRAのアロマに出会って7年が経ちました。
自然由来の植物からできているアロマは、学べば学ぶほど魅力いっぱいでどんどん引き込まれていきました。

アロマとはいっても値段はピンきりですよね。その大きな違いは「素材」なんです。
人工的に簡単に作ることもできる「匂い」ですが、doTERRAのエッセンシャルオイルは100%自然由来植物から抽出されたものなんです。

不思議なことに、体や心に届くのはやはり天然成分なんです。

人間が香りを感じるための嗅覚は、視覚、聴覚などの他の感覚とは違って、脳の考える部分である視床・大脳新皮質を通らず、大脳辺縁系(感じる部分)へダイレクトに伝わるといわれています。香りの刺激が脳に伝わるまでの速さはわずか0.2秒以下!!
嗅覚は人間の五感の中で、最も本能的で原始的な感覚とも言われている部分なので、体にもこころ(脳)にもダイレクトに影響してるのだと思います。

doTERRAのエッセンシャルオイルは100種類以上あり、使う人の状態によって必要なアロマと使用方法が違います。
また香り成分を組み合わせることで何通りもの種類を作り出すことができ、使用方法は未知数なところが魅力です。

自然植物成分100%だからこそ

−− どんな活動をしている?

アロマ体操で自立支援

意外かもしれませんが、以前は子供の野球教室を7年ほど開いていたんです。3歳から小6ぐらいまでを対象にしていました。
子どもたちに、「好きになるきっかけ」を与える事がやりがいでした。
なんでも「きっかけ」があれば、可能性が広がる事や、大きな事を言えば夢や目標にまでつながる。
だから結構私は、行動派なんです。
介護業界へ携わって、受け身だけのサービスではなく、介護される側からも元気になってもらいたい。
そういう「きっかけ」はないかなーと考えていました。

そこで、自ら障害者施設へ月に2回ぐらいのペースでアロマを使った「アロマ体操」などを行うイベントを行っています。
大きなルールはなく自分で作った30分ぐらいの体操ですよ(笑)
体を動かすことの重要性(心のきりかえ)って結構大事だと思います。

他にも介護士職員と利用者さんの関係性を深めるツールとしてアロマを使っています。
例えば、「頭がスッキリするアロマ」を手につけた状態で利用者さんのハンドケアをしたり、「元気になるアロマ」を嗅いだ状態でストレッチをしたりなど。
脳と体をリンクさせるために、エッセンシャルオイルの香を使い、本来の元気を内側から引き出す効果を実践しています。
使い方は色々ありますが、かなり好評です!

また、職員が利用者さんに対してハンドケアなどの触れ合う際にアロマを使用すると、脳へ「癒やし」が伝達し、「介護士職員が癒やしを与えている」という状態へメンタルが変換されていくんです。そこからお互いの信頼関係が生まれるという効果もあります。

エッセンシャルオイルの効果は、思いがけないところに眠っているんだなと思います。

アロマ体操で自立支援

−− 中村さんの夢は?

介護業界とアロマを繋げたい

現在介護士としても働いているのですが、私は「介護業界とアロマ業界が必要不可欠な存在」になるんじゃないかと思っています。

介護士は、時に理不尽な事が起きたり、大きく悲しい出来事が起きたりとメンタルが落ち込むことが多々あるんですよね。
仕事とは分かっていても割り切れない部分があるというか、、、介護士だって人なので。
利用者さんへの利用はもちろんですが、私は介護士さんにもアロマを使って欲しいと思っているんです。

私の実体験なんですが、急に暴れだした利用者さんを落ち着かせるために、自分の首元や手のひらなどに気持ちが落ち着くアロマを塗って、背中や肩を擦ってあげたんです。
すると、不思議とすぐに様子が落ち着きを取り戻したんです。アロマを使いだした頃から、私が世話をするととても安定するようになったんですね。

介護士としても利用者さんへ安心してもらえて仕事へ対する自信も湧いたし、何より介護士と利用者さんの間の信頼関係がよくなりました。

それから私は毎日アロマを持ち歩くようになっています。お守りのような感じですね(笑)

介護士さんがエッセンシャルオイルを通して仕事に自信を持って打ち込めるようになる事はすごくいいことだと思うし、今後の介護業界のツールとしても活躍するのでは?と思っています。
自分が「介護業界×エッセンシャルオイル」の架け橋になれたらと思っています。

介護業界とアロマを繋げたい
中村真弓

介香 -kaika-

中村真弓さん

1983年9月生まれ。介護士をしながらdoTERRAのエッシェンシャルオイル販売。 東京で働いていた時代は、環境やストレスで強度のアトピーを発症しており、環境の変化を求め海外への居住も経験。 沖縄の環境が体質に適していたため2014年に沖縄へ移住。 エッセンシャルオイルの魅力をたくさんの方に広め活動中。 「経験や知識を与える側も使う側も幸せになる」をモットーに将来的に介護とアロマが共存する世界を作りたいと日々邁進している。

Information

店舗/会社名
介香 -kaika-
サイトURL
https://lit.link/kaika

\ お気に入りをシェアしよう♪ /

中村真弓さんの関連記事を見る

- AD -

バックナンバー

サイトで紹介している商品を購入!

ギノワンドットライフオンラインショップを見る

取材のご依頼はこちら!

ギノワンドットライフへ取材依頼する